04

真心で応える、

声と声のコミュニケーション。

Ishihara Hiroko

石原 寛子

通販営業本部 TM事業部 インバウンドセンター インバウンドG スーパーバイザー
2011年入社 / 法文学部人文学科卒

現在の仕事内容

インバウンドセンターでお客様からのお電話を受けています。注文だけでなく、要望、質問、意見のほか健康相談や美容相談など様々な声が寄せられます。一コミュニケーターとしてお客様のお電話を受けることもありますが、スーパーバイザーとして二次対応やコミュニケーターの応対指導などを主に行っています。コミュニケーターがインバウンドを受けるための環境を整えたり、応対品質向上のための育成も求められています。

仕事のやりがい

インバウンドの魅力は何と言ってもお客様の生の声を聴けること。お客様から直接お礼の言葉をいただけるのもインバウンドならではだと思います。声や会話の内容を通じてお客様を想像し、当社の製品がたくさんの人のもとで使われていることを実感できる―。そんなリアリティがやりがいにつながっていると思います。またグループのメンバーが目標を達成して喜んでいる顔を見るのも、職長としてはうれしいですね。

今チャレンジ
していること

応対品質の向上にゴールはないと思っています。特にスーパーバイザーとしての役割を与えられている以上、メンバーたちの育成は私の大きな課題です。個々に能力の違いがあるので、面談をして一人ひとりに目標を定めてもらい、そこに向かって努力するように促します。自分が決めた目標であれば自ら努力しますし、それを達成したときは成長を実感できるはず。そうやって個性を伸ばせるような指導をしていきたいです。

今後の目標

最近のお客様の傾向として、成分や機能についてよく調べていらっしゃるなと感じます。これまで以上に専門的な問い合わせが増えているので、私たちもそれに応じていかなければいけません。
質問の本質を捉えカウンセリングできるような人財を育てていく事が重要だと痛感しています。
そのためにも若手のコミュニケーターが目標をもって仕事ができる環境を作っていきたいですね。そして山田養蜂場の応対レベルを日本一にしたいです。

山田養蜂場の
魅力

働くママにとって子どもの行事や体調不良など突然のお休みは言いだしにくいもの。
でも家庭をもって働いている人が多い部署なので理解があり、「お互い様」の精神で仕事をしています。あと食堂で食べられるメニューも会社が補助しているので、低価格でおいしいんです。日にちは限定されますが、本格イタリアンを格安で楽しめる日もあって人気です。食事がおいしいのも、舌の肥えた女性が多いからですかね。(笑)

一言コメント

女性が多い部署で、ママになっても働きやすい環境が整っています!