07

「顔」を見て話せるショップだからこそ、

お客様の心の「声」を引き出す事ができる。

Tauchi Ryosuke

田内 亮祐

営業本部 マーケティング統括部 店舗営業部 西日本エリア 近鉄あべのハルカス店 店長代理
2017年入社 / 管理栄養士専攻福祉栄養学科卒

現在の仕事内容

店舗営業部では、岡山・関西・東海・関東にある山田養蜂場の直営ショップの運営を行っています。私は西宮ガーデンズ店で1年半ほど勤務した後に、近鉄あべのハルカス店の店長代理に就任しました。担当店舗の営業計画の作成や、スタッフの管理、販売、接客、ショッピングモール全体管理者の方とのやり取りなど、店舗運営全般を行っています。商品ラインナップは、サプリメントや健康食品、化粧品、はちみつ・自然食品など幅広く揃え、店舗限定のセット商品なども各店舗で企画販売しています。

仕事のやりがい

ショップではお客様の顔を見ながら、お悩みを直接伺うことができます。「風邪の予防には何がいい?」という質問にも、ローヤルゼリーをお薦めするだけでなく、お客様の表情や仕草を確認しつつ、食事の摂り方などもアドバイスすることで、「さすが山田さんだね。ありがとう」と言って頂けることが心から嬉しいですね。自分の説明に納得していただいて、お客様が笑顔になる姿を近くで見られるのは、この部署の醍醐味だと思います。

今チャレンジ
していること

今、力を入れているのはスタッフが活力を持って働ける店舗づくりをすることです。やはり働くスタッフがイキイキしていれば、お客様もお店に入りやすくなると思うんです。スタッフの悩みに耳を傾け、解決に向かうようにフォローしたり、自信を持って商品説明ができるようにそのスタッフに合った説明方法のレクチャーをするなど、スタッフのサポートに尽力しています。管理栄養士の資格も活かして、ワンランク上の接客ができる店舗を目指しています。

今後の目標

店舗の強みは、Face to Faceでお客様と接することができることです。直に接することでお客様にも安心していただくことや、時にはぽっと意外なお悩みが出てくることがあるんです。そういったリアルな声のなかに、小さなビジネスチャンスが潜んでいます。そういった情報をキャッチしていけば、今後どの部署に行ったとしても必ず活かせますし、むしろこの現場の経験を活かさないといけないなと思っています。

山田養蜂場の
魅力

山田養蜂場には多くの部署があるので、必ず自分の強みを活かせる部署を見つけることができます。それに日本全国から同期となる人たちが集まるのもいいですね。仲間意識も高まりますし、各部署に異動になっても色々な悩みを相談しやすいです。SNS世代は効率よくコミュニケーションを取ることが多いと言われていますが、私の場合は、ショップでのリアルな接客を通じて、人間的にも大きく成長できたと思います。

一言コメント

就活というのは、自分の生き方を見直せるいいチャンスです。新卒で入社できるのは一度きりなので、思いっきり悩んで悔いのない選択をしてください!