11

徹底した検査で製品の品質を保証する、

山田養蜂場の信頼を守る、最後の砦。

Tomida Mayuri

富田 万由里

品質保証部品質管理室 一般社員
2015年入社 / 農学部食糧化学工学分野卒

現在の仕事内容

私たちの使命は品質検査を行い「家族に使わせたいと思えるような製品をつくる」こと。当社の工場に入ってくる原料の検査はもちろんのこと、製造工程の中間検査、最終製品になったあとの抜き取り検証など何段階にも分けて品質をチェックしています。検体は原料から最終製品まで幅広く品質管理室のメンバーで協力しながら検査を進めています。既存の検査方法の見直しや新しい検査の立ち上げも行っています。

仕事のやりがい

入社後1年半ほどはテレマーケティング部に所属しており、そこでお客様の声を聴くことで品質面からファンになってくださるお客様がたくさんいることを実感できました。そして今、その品質を守る砦となって仕事に携われていることは大きなやりがいです。とくに新しい社内検査の立ち上げは自分の検証した結果をもとに検査方法を確立するという責任ある業務ですが、自分の決めた方法が今後の検査の基礎となっていくため達成感があります。

今チャレンジ
していること

現在は新しく立ち上げた検査のルーティン化に取り組んでいます。確立した方法の手順書を作成したり装置メンテナンス方法のマニュアルをつくるなどして、誰でも同じように検査ができる体制を整えているところです。また検査員メンバーが新しい検査を習得できるまでの教育訓練にも挑戦し、人に教えることの難しさを感じています。一方教えていると一人では思い浮かばなかった視点に気づくこともあり、刺激になっています。

今後の目標

製品の特徴や製造工程、検査方法などについてさらに理解を深めていくことが課題です。検査結果を様々な視点から考察して良質な製品づくりにつなげていけるようになりたいですね。また品質管理室の5Sを推進するリーダーとして環境美化などにも力を注ぎ、周りを巻き込んでいけるようなリーダーシップを身につけたいと思います。これからも山田養蜂場ブランドを守っているという誇りをもって。

山田養蜂場の
魅力

若手社員に成長の機会を惜しみなく与えてくれる会社だと思います。研修の場での学びだけでなく業務として大きなプロジェクトへの参加など若手のうちから実践の場で経験を積むチャンスがたくさんあります。私自身も経験を積むことで自信をつけてきました。ハードルの高いことでも自分が挑戦したいという意欲があればその機会は与えられますし、それを乗り越えることで成長できると思います。

一言コメント

就職活動においては業務内容も大切ですが会社の理念や考え方に共感できるか、働く人は魅力的かということも大切だと思います。自分に合う会社を見つけてください。