管理部門

一覧へ戻る

総務、人事、経理、経営支援、広報など様々な業務があります。事業活動の基盤を支える存在として、社員一人ひとりが「働くこと」を誇りに思える施策の企画・実行、会社の将来を見据えた改善・提案の実現など、経営戦略的な側面があります。

image01
数字の正確な分析から未来の経営戦略へ。 管理部 経理室 2010年入社 山本 Yamamoto 管理部 経理室 2010年入社 山本 Yamamoto

大学4年の夏、農場体験をしたことで“食”についての意識が変化。
「自分の家族に食べさせたいものをつくる」という山田養蜂場の理念に共感し入社した。
入社後はテレマーケティングセンター、新卒社員による新規事業プロジェクトへの参加を経て、現職の経理室へ。大学時代は簿記や会計の勉強をしていたため、念願叶っての配属だった。経理を通じて経営の未来を想定する現在の仕事は、毎日が勉強の連続で刺激的だという。

経営戦略に関わる
重要な役割を担う

経理の仕事は、日々のお金の流れを管理する通常業務の他に、経費と収益のバランスを分析して経営判断に役立つ指標を出すという重要な役目を担っています。例えば、予算の策定という業務では、まず各部署で来年度の売上予想や経費計画を盛り込んだ予算計画を組んでもらい、経理がチェック。過去三年にわたる実績と比較しながら、収益上昇や経費削減に繋がるように調整していきます。最初は一つひとつの数字を細かく見すぎてしまい、何をどう調整すればいいのか全くわからなかったのですが、「もっと大きな視点で見るように」という上司のアドバイスがヒントとなり、少しずつ全体の数字を俯瞰して判断できるようになってきました。経営戦略に大きく関わる部門のため、取締役クラスの方と打合せをする機会も多く、こんな重要な仕事を任せてもらえていることに大きなやり甲斐を感じています。

image02 image02

働きやすく利益の出やすい環境へ

今までの経理のやり方を改善する試みにも取り組んでいます。例えば、販売促進費や一般管理費といった勘定科目(簿記上に記載する項目)の見直し。より経営判断の役に立つように項目を細分化したり、誰が見てもわかる単語を使って表現するなど、あらゆる角度から改善策を練っています。また、部署ごとのお金の流れがわかる集計表を作成中で、システム部門のスタッフとも打合せを重ねているところです。部署によって異なる意見を調整しながら一つの資料に落とし込んでいく作業は本当に大変…。でも、経理の仕事を通して他部署のスタッフがどんな仕事をしているのか、会社がどんな事業を手がけてどこに向かっているのかが理解できるのでとても面白いです。どうすれば皆が働きやすく、かつ利益の出る環境をつくれるか、管理部門としての使命も考えるようになりました。

経理の仕事のなかにも
お客様への想いを込めて

今後の目標は、間接的にでもお客様のためになるよう仕事に臨むこと。管理部門なのでお客様と接することはほとんどありませんが、「一人の人のために」という創業の精神や、「自然と人間社会との調和に貢献する」という企業理念は、社員全員に共通するものです。お客様の喜びや満足に繋がる経営判断ができる。そんな資料づくりや提言ができるよう成長したいです。

image03 image03